まるもちの立ち話

まるもちの立ち話

このブログは、料理・家事・育児などを中心に、生活の中でちょっと役立つこと・おすすめ情報を紹介する雑記ブログです。

食器洗い&節水に超便利なキッチングッズ!スクレーパーレビュー

スクレーパーtop

こんにちは!食洗機はあるけれどなかなか使いこなせない、まるもちです。
今日の立ち話のお題は〜「食器洗い用スクレーパー」です。毎日の食器洗いってとっても大変ですよね。スポンジでひたすら洗っていた私ですが、今年やっとスクレーパーを買いました!手洗いはもちろん、食洗機で洗うときもとっても便利だったのでご紹介したいと思います。

 

こんな方にオススメの記事です。

◼︎面倒な食器洗いをもう少し楽にしたい方
◼︎食器洗い時の水の節水が気になるという方
◼︎少し汚れを落としてから食洗機を使いたい方

 

 

食器洗い用スクレーパー

我が家のスクレーパーはこんなのです。↓↓↓

スクレーパー-1ペンギン型でシンクに置いていてもなんとなく可愛い。目のところをフックに掛けてぶら下げることもできるそうです。

 

スクレーパー-3大きさもこんな感じ。手のひらより小ぶりなサイズ。小さいスパイスのビンよりちょっと大きめです。

 

スクレーパー-2↑↑↑ 横から見たらこんな感じ。厚さは上の方の持つところが分厚くて、下の方が薄くなっています。上からぐにゅっと押してみました。硬さも柔らかすぎず、硬すぎないちょうどいい硬さです。ほどよい硬さでお皿やフライパンに絶妙にフィットし、汚れを落とします。

 

洗う前のケチャップがついたお皿で試して見ました。スクレーパー-4

スクレーパー-5水なしでスルッと落ちます。

 

スクレーパーを使うメリット

お皿やフライパンを傷つけない

うちは、安いお皿を使っているのでお皿の傷は気にしませんが(笑)、フライパンを洗うときは、本当に便利です。テフロン加工してあるものって、できるだけ長持ちさせるため傷つけたくないですよね。フライパンを洗う前にちょっと水につけておきます。それからスクレーパーで拭き取れば、ほぼ汚れは取れます。スポンジでサッと洗うだけでOKなんです。新しいフライパンならば、水につけておく必要もありません。本当に便利です。

 

用途によって使い分けができる

ペンギンスクレーパーは、厚い部分と薄い部分があります。通常は薄い下の方を使います。ペンギンの頭の方は、分厚く少し硬くなっているので、落ちにくい汚れを落とす時に便利です。

 

節水になる

最初に食べ残しやお皿についたソースをスクレーパーで拭き取ってしまうので、洗剤や洗う水の量が減ります。

 

スポンジが汚れにくい

先にスクレーパーで汚れを取るので、スポンジが汚れにくいです。

とっても丈夫!

使い方にもよると思いますが、ペンギンスクレーパーはとっても丈夫です。(見た目弱そうだけど。)半年くらい使っていますが、ヘタりません。

 

ペンギンスクレーパーのデメリット

スクレーパーに色がついたら落ちない

使っているうちに先の方がだんだん変色してきます。

食後すぐに片付けないと、汚れがスルッと落ちない

食器を放置していると、さすがに汚れはスルッと落ちません。

 

まとめ

こんなもの役に立つの?と本当に思っていましたが、使ってみると便利便利!!本当に便利でした。スクレーパーを使う前は、手袋をして、水を流しながら手でサッと洗ってからスポンジで洗っていました。水がもったいないですよね。反省。。。(食洗機を使えばというのはさておき。)スクレーパーに出会ってからは、私、洗い物での水の使用量かなり減りました!今まで使いすぎだったので本当によかったです。

 

スポンジで洗うときはもちろん、食洗機に入れる前に使えば、食洗機を使った後の排水口の掃除がとっても楽になりますよ。私はもう手放せません。(笑)

 

食器洗いをもう少し楽にしたいという方、もう少し節水できないか悩んでいる方にオススメですよ。

まるもちマイベストなふきんもよかったら読んでみてくださいね。
ふきんのお悩み解決するかもです!